プロフィール

近藤不動産 仲介チーム

担当:近藤不動産 仲介チーム
東武東上線を中心に
中古物件・土地・リノベーション物件をご紹介しています。
「地域密着」をモットーに、親戚づきあいのような 親身で一生涯のおつきあいを心がけています。


最新記事


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数


ランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
7155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
1220位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気候もよくなり外出が楽しい今日この頃。
ゴールデンウィークも近くなりソワソワしてしまいます。

さて、ゴールデンウィークに是非お越しいただきたい
現地販売会のお知らせです。

開放的な敷地の新築分譲住宅 全3棟!
敷地はそれぞれが40坪以上の物件。
4LDKの広々とした設計が魅力です。

チラシ

■物件概要■
 ・所在地:埼玉県富士見市水子城ノ下3063番1(地番)他
 ・交通:東武東上線「みずほ台」駅 徒歩24分
 ・総棟数:全3棟
 ・敷地面積:133.50㎡~141.69㎡
 ・建物面積:102.06㎡~106.92㎡
 ・建物構造:木造2階建
 ・完成予定:2017年7月中旬
 ・入居予定:2017年8月中旬

■ 2号棟
2号棟
2号棟現地

2号棟-間取図
2号棟間取図


■ 3号棟
3号棟
3号棟現地

3号棟-間取図
3号棟間取図


■ 4号棟
4号棟
4号棟現地

4号棟-間取図
4号棟間取図

担当者が現地をご案内させていただきますので
お気軽にお問い合わせください。

151101_ボタン_資料請求・お問い合わせ

続きを読む »

スポンサーサイト

お花見

今朝家を出ると 足の下に桜の花びらがいく片か散っていました。
もうはや桜の季節が過ぎようとしています。
通勤電車の中から柳瀬川の土手を彩る桜並木を眺めて楽しんでいるのですが
気づけば何年も桜の木の下で食べたり飲んだりのお花見をしていません。
すっかり乗り遅れてしまっているうちに
今年もお花見シーズンが終わっていきます。。。

近藤不動産の本社ビル近くにある福岡中央公園の桜は
今年も綺麗に咲きました。

1491787951794.jpg

1491787946211.jpg

夜桜も風情があります。

1491786972903.jpg

来年の春こそは、桜の下でゆっくり過ごす“ホントのお花見”をしたいなぁ。。。


空き家を持っているけど、どうしようか悩んでいませんか。

空き家を相続したけどどうしよう?
転勤中の空き家の劣化が心配。。。
遠方の空き家、ご近所に迷惑かけてないかしら?

「空き家対策措置法」という空き家の適正管理を義務づける法律ができ、
倒壊の恐れのある空き家や衛生上著しく有害となる恐れのある空き家などを「特定空き家等」と位置づけ、減税対象から外すことになりました。
「特定空き家」に指定されてしまうと税の優遇が無くなり、
固定資産税が4.2倍になってしまう可能性もあります。
そこで今後、空き家所有者は空き家の状態を把握した上で、適正な管理を行うか活用するかもしくは解体して土地として活用するかの選択が必要になりました。

さて、そこで活用していただきたいのが近藤不動産の「ホームインスペクションサービス」!!!
言う所の「住宅診断」です。
住宅に精通した住宅診断士が、第三者的な立場から住宅の劣化状態・欠陥の有無・改善すべき箇所を見極めます。

まずは所有する空き家の状態を把握して どのように管理していくのが良いのか、または どのように活用していくのが良いのかを
一緒に考えてみませんか?
KONDOグループが全面サポートさせていただきます!


▼近藤不動産ホームページ [安心空き家サポート]
http://www.koncom.co.jp/agency/vacant.html

img_investment_01.jpg

▼資料請求・お問い合わせはコチラから
151101_ボタン_資料請求・お問い合わせ

▼お電話(フリーダイヤル)でのお問い合わせはコチラへ
150906_ボタン_FreeDial

鳩山会館

そろそろ1年前のことになるのですが
「鳩山会館」のツアー見学に行ってきました。

鳩山会館は、内閣総理大臣を務めた鳩山一郎の邸宅を記念館として一般に公開したもので
東京都文京区音羽にあることから「音羽御殿」の通称で知られています。

大通りから続く坂が会館へのアプローチ。
そこにある喧騒がプツリと途切れて、豊かな緑に囲まれます。

アプローチ

坂を登りきると「鳩山」の表札。私邸だったことを実感させます。

表札

エントランス
[エントランス]

設計は、鳩山一郎の友人で建築家の岡田信一郎。
岡田信一郎は様式建築を得意とし、イギリスの邸宅を思わせる意匠や庭園でその手腕を見ることができます。

外観
[庭園から見た外観]

庭
[庭園]

また洋館ながら、1階には応接間・リビング・ダイニングの3部屋が並んでいて
部屋の境扉を大きく開くことで各室を連続して大空間として使用できる
日本家屋のような造りも取り入れています。
この私邸を自由党の会合の場として用いるように設計したことが伺えます。

リビング
[リビング]

ダイニング
[ダイニング]

かつて寝室だった2階は大広間に改修され、窓からは庭園が臨めます。

大広間2

撮影はできなかったのですが、書斎では鳩山ファミリーの写真や記念品が見られ
内閣総理大臣を務めた鳩山由紀夫の幼い頃の写真など ほっこりするものも。

一郎の母・鳩山春子(共立女子職業学校(のちの共立女子学園・共立女子大学)の創設者の一人)の部屋もあり
その暮らしぶりを垣間見ることができ
「本当に凄い“人々”がこの洋館に暮らしていたんだなぁ」と思い
改めて「おぉぉぉ。。。」となりました。

この洋館には鳩をモチーフにした装飾がソコココにあり
それを探して見学するのも一興でした。

鳩のシンボル
[鳩のシンボル:庭の柵]

格子シンボル
[鳩のシンボル:窓のガラリ]

レリーフ
[鳩のレリーフ:外壁]

ステンドグラス
[鳩のステンドグラス:階段室]

花の季節は一段と素敵になるというこの「音羽御殿」。
坂道の桜と庭園のバラを見に
4月になったらまた出かけたいなと思います。



おまけ。。。

凝ったデザインの照明器具を撮影していたら
「天井に移りこむ影が綺麗なんだょ」と館内スタッフの方が教えてくれました。
隠れ必見スポットです!

ホール照明

天気予報では花粉情報を聞くようになり
スキーシーズンもオンから春スキーのシーズンへと移っていきます。
そんなオンシーズンぎりぎりのところで
スキーに行ってきました!

ゲレンデは『ガーラ湯沢』。
初ガーラだった私は感動しきりでした。
何といってもアクセスの良さ。
大宮から新幹線でものの1時間。
「トンネルを抜けると雪国であった」そのものでした!

JRガーラ湯沢駅を降りると、そこはもうスキー場のサービスセンター。
さっそくレンタルスキーを借りに行くと
担当してくれたお兄さんが朝霞の方だという事でほっこり気分になりました。

お天気も上々で、山の上から見下ろす景色は
ここからしか観れないため息物でした。

170310_ガーラ

シーズンぎりぎりの ちょっと遅めの参戦でしたが
1日たっぷりスキーを堪能したら
すっかりはまりそうな気分。
春スキーデビュー。。。してしまいそうです。


 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。